×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 

5月30日 季(とき)を楽しむ 報告

 

 

 緑も濃くなり、初夏を思わせる季節となりました。

今回は、盆略手前をおさらいしました。

 

今は、マンションなど和室が無い家庭も多く、お茶道具を揃えるのも大変だと思います。茶道ではという元来は茶道具として作られていないもの、他の用途に使われていたものを、茶道具として使う事を「見立て」というそうです。

手近なものやお気に入りのものを「これに使えないか?」と考えるのは楽しいですね。

茶道というと堅苦しいというイメージが持ってしまいますが、いろいろな決まりは、客人を心からもてなすためのものであり、その気持ちから逸れなければ道具を自由に見立てても良いなど、柔軟性がある文化なんだなと思います。

  
 主催 NPO法人 生涯教育学会
ライフロングエデュケーションソサエティ
理事長 櫻庭修
TEL 075-721-9708
〒606-0918 京都市左京区松ヶ崎芝本町18-20





   
      
   



HOME